はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、49歳、契約社員の女性。21歳年上のパートナーと同居を考えているという相談者。パートナーの資産はあてにせず、自分の給与と蓄えで二人の生活と自身の老後を賄っていきたいといいますが、可能でしょうか? FPの高山一惠氏がお答えします。


49歳、契約社員です。老後資金と年の差パートナーとの同居についての相談です。

若いころから生涯独身のつもりで貯蓄と投資、保険での備えを心掛けてきました。有期雇用での職歴がほとんどですが、厚生年金には加入できており、60歳までは働ける見通しです(無期転換済み)。

現在は世界株と日本株のインデックスファンド数本をメインに積立をしており(貯蓄分からの積立を含む)、このまま金融資産を育てながら生涯賃貸暮らし、それがきびしそうなら定年前後に小ぶりなマンション購入でも考えようという心積もりでした。

が、ここにきて同居を考えようかというパートナーが現れました。20以上の年の差ですが、趣味を通じて出会い安心感を得られる相手ですので、金銭的に成り立つものなら同居したいと考えています。

相手はすでに年金受給中で、その額は約10万円(通知書を確認)。経営してきた会社をたたむ準備に入っており、清算後にはいくばくか手元に残るようですが、さして多額ではないと思われます(まだ金銭面の突っ込んだ話はしていません)。

二人とも住宅の所有欲は高くなく、また現状で一括購入できるほどの余裕もありません。賃貸生活を送るとして、パートナーの資産を期待せず、年金と自身の給与でやっていけるか、また自身の老後が賄えるかの見通しを知りたいです。

家賃はなるべく抑えたいですが、同居なら10〜12万円くらいにはなるかと見込んでいます。また下記の生活費は一人暮らしの自身の数字で、二人になれば、少なくとも水道光熱費や食費は膨らむものと思います。

なお、実家は遠方かつ老朽化しており、フォローの必要なきょうだいがいるため、家を受け継ぐことはなく、むしろ費用がかかるものと考えています。


【相談者プロフィール】
・女性、49歳、契約社員
・同居家族について:同居を検討中のパートナー(70歳、離婚歴あり)。
定期通院の必要な持病(難病指定)はあるものの、日常生活に支障はない。会社経営をしているが、数年前から規模を縮小しており近々正式に会社をたたむ予定(負債はない由)。現在、住民税非課税世帯で年金収入は月額約10万円。事務所兼自宅として月額10万5,000円の物件に居住中。所有していた住宅は家庭を持ったお子さんに譲渡済み。家賃以外の生活費詳細と、その他の金融資産は不明。
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:30万円(パートナーの年金は含まず)
・年間の世帯の手取りボーナス額:160万円
・毎月の世帯の支出の目安:23万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万5,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:7,000円
・保険料:3万8,000円(生前給付保険1万3,000円、変額終身9,000円、医療保険5,000円、がん保険2,000円、個人年金9,000円)
・通信費:1万3,000円(携帯2台<1台は実家の親用>、固定、ネット、NHK受信料)
・車両費:2,000円(駐輪場代)
・お小遣い:4万4,000円(日用品費5,000円、趣味娯楽1万円、衣服美容1万5,000円、交際費1万4,000円)
・その他:2万1,000円(交通費1万5,000円、医療6,000円)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:1万円(積立定期)
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,400万円
・現在の投資総額:4,000万円(iDeCo2万3,000円、つみたてNISA3万3,000円、投信積立12万円を継続中)
・現在の負債総額:なし
・老後資金:公的年金加入実績に応じた年金額10万円(ねんきん定期便)。ねんきんネットのかんたん試算では15万円の見込み。
・個人年金:300万円(保険料月払。65歳から30万×10年)+変額年金計700万円(以下、一時払で払済。65歳から60万円×5年、70歳から20万円×10年×2本)
退職金:なし
・終身保険:生前給付500万円、変額500万円(後者は60歳で払込終了後、運用成果を見ながら解約する予定)
・医療保険:日額5,000円(終身)、がん保険:日額1万円(10年定期)

高山:ご相談ありがとうございます。家計を拝見してこれまで堅実に暮らし、将来に対する備えもきちんとしてきたことが伺えます。現在、同居したいパートナーがいらっしゃるとのこと。今後の生活を考える上で、ご自身のお給料とパートナーの方の年金収入で生活ができるのか見通しを知りたいとのことですね。では、同居した時の生活費のイメージや将来かかるお金について見ていきましょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ