はじめに

実際、どのようにすれば加入有無を調べることができるのか

生命保険は「請求」をしてはじめて保険金や給付金を受け取れる商品です。しかし、どの保険会社に加入しているのかがわからなければ請求すらできません。そこで知っておいてほしいのが、「生命保険契約照会制度」です。

今までは災害時に保険証書を紛失した場合等に限って照会が可能な制度でした。しかし、2021年7月からは親族等が申し出れば、一般社団法人生命保険協会を通じて、生命保険協会に加盟しているすべての生命保険会社に対し、保険契約の有無を一括で照会できるようになりました。

保険契約者、または被保険者が次のような状態になった際に利用できます。

・死亡した場合
・認知判断能力が低下した場合
・災害で死亡、または行方不明になった場合

照会の費用は1件につき3,000円(税込)で、申請方法はオンラインまたは郵送です。なお、災害時は無料で、電話で申請を行うことができます。

利用する際の注意点は?

申請後、利用料金の支払いが確認できてから2週間程度で、生命保険会社ごとに契約の有無が開示されます。ただし、あくまで「契約の有無」が開示されるだけなので、詳細な保険契約の内容は、各保険会社へ個別に確認する必要があります。

また、仮に契約があったとしても全ての契約が開示されるわけではなく、すでに給付金の支払いが開始している年金保険や、保険金が据え置かれているものについては照会の対象にならない点も注意が必要です。

なお照会ができ、保険会社に保険金や給付金を請求するにあたっても、公的書類や医師による所定の診断書等の取得、またその費用を負担する必要があります。そのため、「生命保険証券を探す」「生命保険会社から定期的に送付される通知物がないかどうか」「預金通帳の保険料の口座振替履歴等を確認する」など、まずはご自身でできることがないかを確認し、それでも難しい場合に利用を検討するのが無難かもしれません。

一般社団法人生命保険協会の「生命保険契約照会制度のご案内」

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]