はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、離婚して一人暮らしの56歳の男性。出来るだけ早く退職して、遠方で暮らす母と暮らしたいといいますが、可能でしょうか? また、年金が減ってしまうデメリットを考慮しても早期退職したほうがよいのでしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。 


現在56歳、独身です。離婚して子どもがおりますが養育費および教育費はもうかかりません。

出来るだけ早く会社を辞めて大阪に帰り一人暮らしの母親と暮らしたいです。早期退職できるでしょうか? 大阪に帰ったらバイトで月に10万円ほど働こうと思っています。

60歳まで勤めると65歳からの年金は年間200万円(額面)になるそうですが、今辞めると少し減るのでしょうか? なお退職金はありません。車は、今乗っているものをあと8年乗って、その後は不要です。大阪のマンションのローンはなく、管理費3万円は母が支払っています。

【相談者プロフィール】
・男性、56歳、会社員、独身(離婚)
・同居家族について:一人暮らし(別居の子ども: 22歳、24歳)
・住居の形態:賃貸(茨城県)
・毎月の世帯の手取り金額:35万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:25万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:1万円
・通信費:1万円
・車両費:1万円
・お小遣い:5万円
・その他:4万円(雑費)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:10万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:10万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,000万円
・現在の投資総額:3,000万円
・現在の負債総額:0円

飯田:今回は、出来るだけ早く会社を辞めて、お母様のいらっしゃる大阪に帰り一緒に暮したいという相談者様です。大阪に帰ったらアルバイトをして月額10万円程度稼ごうと計画しているとのこと。一番、気になっているのは、「早期退職できるかどうか」なのですが、65歳以降に受け取ることができる公的年金の金額も気になるようです。

離婚されていて、お子さんはいらっしゃるものの、養育費および教育費の支払いは終えているらしく、マイカーも現在所有している1台を8年間乗り、その後は不要と計画されています。

相談者様の場合、早期退職は可能なのでしょうか。また、したほうがいいのでしょうか。また、どのような点に注意するべきなのでしょうか。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう