はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、自営業の夫と5人の子どもと暮らす44歳の女性。夫の収入が月平均で10万ほど減ってしまい、毎月赤字ぎみとのことですが、5人の子どもたちの食費と教育費も多く、ひと月で85万まで出費が膨らんでいます。見直しのポイントは? FPの横山光昭氏がお答えします。


自営業の夫の収入が減り、毎月赤字がちになってしまいました。以前より10万円ほど減っています。私もアルバイトで収入を助けていますが、そう多い金額ではありません。

子どもが5人と多いので、支出も多くなりがちですが、できれば教育費や食費は今まで通りにかけていってあげたいですし、一方で、ボーナスのない仕事ですから赤字の補てんをするのは貯金を引き出すしかなく、将来の教育費を考えると、これも避けたいところです。

学校は全員公立校です。日々、節約できるところは意識して節約しています。ただ、人数により仕方がない部分も多く、今後どうしていくべきか悩みます。

老後については、自営業なので、長く働き収入を得られる点がメリットだと思っています。ですが、先の健康や業績についてはわかりませんし、きちんと備えていけるかも心配です。

子どもに不自由はさせたくないし、自分たちの老後も心配。どのように家計をやりくりしていくと、希望する暮らしができるのか、ヒントをいただければと思います。

【相談者プロフィール】
・相談者:44歳、アルバイト ・夫:50歳、自営業
・子ども:長男(高校2年生)、長女(中学2年生)、次男(小学6年生)、次女・三女(小学3年生で双子)
・手取り収入:合計75万4,000円(相談者月収6万2,000円、夫69万2,000円※平均。収入が減る前は、夫の収入は約10万円多かった) 
・貯金額:920万円
・毎月の支出の目安:84万9,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃):22万5,000円
・食費(外食含む):16万4,000円
・水道光熱費:3万4,000円
・通信費(スマホ2台、固定電話、ネット):3万8,000円
・生命保険料:4万3,000円
・日用品代: 5,000円
・医療費:8,000円
・教育費: 14万6,000円
・交通費:1万6,000円
・被服費:5,000円
・交際費:5,000円
・娯楽費:3,000円
・小遣い:13万円
・し好品(タバコ):2,000円
・その他:2万5,000円

横山:ご主人の収入が減り、家計が赤字になったのですね。ですが、毎月の収入も多く、支出も多いと思います。人数が多いから仕方がない部分ももちろんありますが、もっと支出をコントロールしていくことは可能だと思います。収入を増やすことだけに頼らず、現状に合わせてコントロールできるようになりましょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ