はじめに

投資に関する知識は学んだけれど、実際に投資をして経験を積み上げていくにはどうすべきか、悩んでいる初心者の方もいるでしょう。

そこで、Twitterフォロワー数8万人の現役サラリーマン投資家・長期株式投資氏(@budoukamail)の著書『オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資 ど素人サラリーマンが元手5万円スタートでできた!』(KADOKAWA)より、一部を抜粋・編集して投資をして経験を積み上げていくための実践的な方法を紹介します。


投資資金は給料日に確保

毎月積み立てられる投資金額は、1人ひとりの置かれた状況によって異なると思います。私も5万円からのスタートでした。

投資資金がいくらであろうとも、給料が振り込まれたら、その日のうちに資金を証券口座へ移してください。

「振り込まれた給料で1カ月間生活して、残ったお金を投資にあてよう」と考えている人もいると思います。

そういう発想だと、間違いなく計画は頓挫します。当初想定していた金額が次の給料日前まで残っていることは、ほとんどありません。

給料が入ったら、まずは投資資金を確保しましょう。

その際に気を付けてほしいのは、無理をしないことです。

無理して証券口座へ多額の資金を移したものの、生活費が足りなくなってしまい、証券口座から引き出してしまうと、いつまでたっても運用資産は育ちません。

そういったことは一度おこなうと、クセになります。

投資にあてるのは、「証券口座へ移したお金は、なくなったのと同じ」という覚悟を持てる程度の金額にしておきましょう。

急がなくても大丈夫です。大きな金額を運用するのは、経験を積んで実力がついてからでも決して遅くはありません。

ちなみに現在では、銀行口座から証券口座へ送金する際、即時入金サービスの手数料はほとんどの証券会社が無料となっていて、かつ、スマートフォン上の操作だけで簡単に資金を移すことができます。

なお、1株投資をする際には、手数料をチェックしてください。

証券会社によっては、買付手数料が無料でも、売却時に手数料が高くなっていたりするケースがあります。

ご参考までに、私はSBIネオモバイル証券で1株投資をおこない、住信SBIネット銀行から送金しています。

SBIネオモバイル証券は、月額の取引金額50万円まで、取引手数料は定額の220円です。しかも、投資に使える200円分のポイントが毎月付与されますので、実質の月額手数料は20円となります。

また、住信SBIネット銀行からSBIネオモバイル証券へ送金する場合は、即時入金され、手数料は無料です。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介