はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、共働きで2人のお子さんをもつ44歳会社役員の男性。子どもたちの学費や住宅購入の費用を貯めたいけれど、カードローンなどの借り入れがあり、なかなか貯金が増やせないといいます。月の手取りは65万円ありますが、問題点はどこにあるのでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。


44歳、会社役員をしています。妻(40歳)は看護師(パート)です。

3歳と6歳の子どもたちの学費や、将来の住宅費用(住宅ローン6〜8万円を想定)を貯めなければいけないのですが、クレジットの借り入れがなかなか減らず、思うように貯めることができません。残債は60万円、金利3%で、毎月4万5,000円ずつ返済しています。

家計のどの部分を改善していけばいいでしょうか?

【相談者プロフィール】
・男性、44歳、会社役員
・妻:40歳(看護パート) ・子ども:3歳、6歳
・母:年金生活者(介護不要、持病あり)
・住居の形態:親の家で同居(長野県)
・毎月の世帯の手取り金額:65万円(本人50万円、妻15万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:50万円
・毎月の世帯の支出の目安:50万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:8万円
・食費:8万円
・水道光熱費:4万円(冬季)
・教育費:4万円(保育料含む)
・保険料:6万円
・通信費:2万5,000円
・車両費:6万5,000円(車両ローン、燃料含む)
・お小遣い:2万円
・その他:5万円(自己啓発、セミナー)
・カード支払い5万円
・借り入れ返済4万5,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:2万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:40万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):300万円
・現在の投資総額:50万円
・現在の負債総額:250万円(車両190万円、クレジットローン60万円)

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼 FP YouTuberの秋山芳生です。今回のご相談者様は、長野県在住の44歳の会社役員の方からです。40歳の妻と、3歳と6歳のお子さんがいらっしゃいます。手取りで月に65万円の収入がありながら、借り入れの返済がありなかなか貯蓄が貯まらないようです。お子さん二人の教育費と老後の資金を本気でつくるにはどうすればよいかを、いつもよりストイックにアドバイスしていきたいと思います。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]