はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、36歳独身、個人事業主の女性。外出自粛の影響もあり、将来を真剣に考え出した相談者。貯金は120万ほどで家計も赤字気味ですが、将来に備えて投資を始めたいといいます。投資の選び方、始め方は? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。


個人事業主をしています。独身、一人暮らしです。

外出自粛の影響で仕事がうまくいかなかった時期があり、将来にきちんと備えなくてはならないと思うようになりました。いままで貯金などをきちんとしてこなかったため、家計状況の改善から取り組まなくてはならないのでしょうが、私は国民年金にしか加入していませんし、その納付も全期間きちんとしていないので、つみたてNISAなどで資産形成をした方が良いのだろうと思っています。

投資に関する書籍も読みましたし、本のように上手くお金ができるのなら、ぜひ早めに始めたいと考えています。

家計状況がどうなると投資をはじめられるのか、つみたてNISAで老後資金を作ることは可能なのか、方法というか、段取りというか、始め方を教えていただきたいのと、将来の見込みも教えていただきたいと思っています。

【相談者プロフィール】
・女性、36歳、個人事業主
・手取り収入:月収約23万円(平均額)
・貯金額:120万円
・毎月の支出の目安:27万3,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(家賃・管理費): 6万円
・食費(外食含む):5万7,000円
・水道光熱費: 9,000円
・通信費: 1万5,000円(スマホ、ネット)
・日用品代 :8,000円
・医療費:5,000円
・交通費:9,000円
・被服費:3,000円
・交際費 :40,000円
・娯楽費:3,000円
・その他: 1万6,000円(ファンクラブ、投げ銭)
・国保国年、税金:4万8,000円

FP:将来に向け、お金を作っていきたいとお考えなのですね。投資を始めるには、家計状況、貯金など、整えておくべきところがありますから、現状を把握しながら、今するべきこと、投資の始め方を検討していきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]