はじめに

お金の使い方は最重要

お金の使い方なんて学ぶ必要はないと思う人も多いでしょう。自分が持っているお金の量には限りがあるので、必要なものを優先的に買って、そのあとに欲しいものを買っていけばいいと思うかもしれません。ただ、既に投資をしているようなお金に対する意識が高い人でも、使い方をしっかりと考えられているのか不安になる人も見受けられます。

最近は「FIRE」という考え方が流行っています。読者の中にも興味を持っている人も多いのではないでしょうか。FIREとは「Financial Independence, Retire Early」の頭文字から作られた言葉で、日本語でいえば「経済的自立と早期リタイア」という意味になります。このFIREを達成すべく、日々の出費を極力抑えて、その分を投資に回している人が増えているのです。

たしかに、投資でお金を増やして早期リタイアをすることで、仕事からのプレッシャーから解放され、自由奔放な生活を送ることには憧れます。しかし、20代、30代のうちに旅行に行ったり、おいしいものを食べたり、遊んだりすること や、自己投資として能力を引き上げるためにお金を使うことも非常に重要だと思うのです。

さまざまな選択肢を検討したうえで、日々の支出を切り詰めて、その分を投資に回すことが自分にとって最も満足度の高い選択肢だというのであれば問題ありませんが、FIREという言葉だけに踊らされて、他の選択肢が見えなくなってしまっているのであれば、改めて冷静になる必要があるでしょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]