はじめに

「子どもに医療保険は必要ですか?」と、よくお問い合わせをいただきます。

地域により助成の金額や所得制限など条件は違いますが、全国で医療費無償化が進んでいます。

医療保険は無駄で、医療費無償化のうちは、加入する必要はないのでしょうか?


子ども医療費助成の現状

医療費無償化とひとくくりにしていますが、国の助成と各自治体の助成には違いがあります。

国の助成は2通りで、一つは自己負担を抑える助成。小学校入学前までは自己負担割合は2割で、一般の3割より負担が抑えられています。もう一つは、小児慢性特定疾病への助成。子どもの慢性疾患のうち、小児がんなどの特定疾病については、長期に渡り家計に負担を及ぼすことや、子どもの健全育成のため、自己負担を補助する制度です。

いわゆる医療費無償化と呼ばれている助成は、各自治体が定めている制度です。平成30年4月の厚生労働省「乳幼児等に係る医療費の援助についての調査」によると、すべての都道府県および市区町村が、乳幼児にかかわる医療費の援助を実施していることがわかっています。さらに援助については、都道府県では、通院入院ともに、就学前までの児童が最も多く、市区町村では通院入院ともに、中学生までが多かったという調査結果が出ています。無償化が中学校までという自治体でも、通院に一部自己負担がある、さらに所得制限があるなど、自治体によってばらつきがあります。

令和4年4月現在の政令指定都市の状況を公式サイトで確認した一覧が下記の通りです。

全国のごく一部のデータですが、高校卒業まで所得制限も自己負担もなく、医療を受けられるところはまだ少ないのが現状です。

[PR]保険だけで大丈夫?子供、両親といったご家族だけでなく、自身の老後に必要なことを準備しましょう