はじめに

投資は少しずつから感覚を慣らして

ただし、シミュレーションはあくまでシミュレーションです。全世界の株式に分散投資をした場合、6〜7%の運用実績はあるので5%の複利運用は決して不可能な数字ではありません。しかし毎年安定的に5%で運用されるわけではなく、長期の運用の中では暴騰や暴落を繰り返し、不安な気持ちになることもあるでしょう。

現金で1,700万円貯めた状態から、いきなり1,200万円という大きな金額を運用に回すのは、資産の乱高下に気持ちがついていかなくなって短期で投資をやめてしまう原因にもなりかねません。まずは会社員の間に少額を積立投資して投資の感覚を学び、投資に慣れたら大きな金額を投資にスライドするとよいでしょう。

柔軟な見直しを忘れずに

また、「ゆるFIRE」した後に想定外のライフイベントが起こり、シミュレーションの通りにいかないのが人生です。その都度方向性を見直し、柔軟に人生を楽しみしなやかに生き抜くことが、人生100年時代では重要です。

フレキシブルに対応できる柔軟性を無くさないよう、さまざまなことにチャレンジして新鮮な自分でい続けることを意識できると、「ゆるFIRE」も成功しやすくなるはずです。どこか参考になれば幸いです。

連載「みんなの家計相談」でお悩み募集中!読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答えます。相談はこちらから。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。