はじめに

水道代を節約したい!

湯船かシャワーかどっちが節約?

お風呂の湯船にお湯を張って入るのとシャワーで済ませるのは、どちらが節約になるか。これは目安として4人以上であれば湯船、それ以下であればシャワーと言われています。湯船は160リットルから200リットルほど使い、シャワーは1分間に12リットルの水が流れます。

しかしこれも人によるところで、シャワーも流しっぱなしにしては無駄になります。また湯船のお湯は残り湯を掃除や洗濯に使うことで再利用でき、結果的に節約できるのです。

水の二次利用をする

前述のとおりお風呂の残り湯を洗濯に使うことで水道代を節約できます。ただしお風呂の残り湯には人の垢など汚れが入っています。洗濯機で使う場合も、洗濯と1度目のすすぎまでにして、2度目のすすぎは綺麗な水を使いましょう。

パスタや野菜の茹で汁など、調理中に使った水も、食器やフライパンなどの調理器具を洗うときの予洗いに使うことで二次利用できます。


今回紹介した方法はどれも基本的なことで、これらを意識して生活することで、少しずつ節約できていくものです。光熱費の節約は、まさに「塵も積もれば山となる」なのです。そして身についてしまえば、どれもさほど難しいことではありません。ぜひお試しください。

[PR]NISAやiDeCoの次は何やる?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介

この記事の感想を教えてください。