はじめに

一見まともな文章にも矛盾が潜む

 漫然と文章を読んでいるだけでは、これらのことを細かく吟味することなく通り過ぎてしまうでしょう。では、次の問題です。

 「人間はたんぱく質と水からできている。脳は人体の一部である。だから脳もたんぱく質と水からできている」ということは正しいでしょうか?

常識的に考えるならば、この文章で合っています。実際、脳も人体の他の組織と同じく、たんぱく質と水からできています。ただし、論理として成り立っているかはまた別です。
 
人間がたんぱく質と水からできていて、脳が人体の一部であることは事実だとしても、右の文章は、脳がたんぱく質だけからできている場合も、あるいは水からできている場合も矛盾しません。実際はあり得ませんが、この前提の文章だと、このような場合もあり得ます。

常識的には一見まともそうに見えても、論理的には矛盾が生じている。もし先ほどの文章を正しいものにするには、以下のように書かねばなりません。

 「人間の細胞はたんぱく質と水からできている。脳は人体の一部である。だから脳もたんぱく質と水からできている」

脳も細胞から構成されていますから、人間の細胞がたんぱく質と水からできているのであれば、当然脳もたんぱく質と水からできていると言えるわけです。

最初の文章の場合、「人間はたんぱく質と水からできている」という前提がおおざっぱであり、不正確な記述なのです。

文章を、このように細かく吟味し、論理的に検証しながら読み解くことが必要になります。ちなみにこれらの三段論法は、論理学的には「演繹法」として知られています。

普遍的な法則や真理があり、それを積み重ねて結論を導く。数学的な記号で表すとA=B、B=CならばA=Cという論理構成です。

あるいは集合的な概念で言うと、AはBを含んでおり、BはCを含んでいる。ならば、CはAに含まれる。数学の集合記号であらわすとA⊂B、B⊂CならばA⊂Cという記号で表せます。

クレカや銀行、ポイント等を連携して見える化!資産管理もできるマネーフォワード MEプレミアムサービス[by MoneyForward]