はじめに

先行き不透明な現代社会を生き抜くための自己投資として、資格取得や学び直しに注目が集まっています。

そこで、ビジネス書作家・岡崎 かつひろ( @zakihalz )氏の著書『お金に困らない人が学んでいること』(すばる舎)より、一部を抜粋・編集して学びを成果に変える方法を紹介します。


知識には「時間が経つと使えなくなるもの」と「一生使えるもの」がある

質問です。あなたなら、どちらを購入しますか?

(1)安価で使い捨て、1年で使えなくなるカバン
(2)ブランド品で、一生使えるカバン

成功者と言われる人ほど、(2)を選択する傾向が強いです。

なぜなら、ブランドは持っている人の信用を高めますし、長く使い続けることができたほうが経済的にも得だからです。こまめに買い替える手間がないのも魅力です。

しかし、うまくいっていない人に限って(1)の使い捨てを買って済ませてしまいます。長期的な価値よりも、目の前の手頃さのほうを大事にしてしまうからです。

あなたがこれから知識を習得するときにも、同じことが言えます。

流行りが過ぎたら終わってしまうものを学ぶのか、一生使える知識を学ぶのか。

一生使える知識はブランド品と一緒です。使えば使うほど味が出て、魅力的になります。一度身につけたらずっと使えるため、経済効果性も高いです。

人生という限られた時間のなかに生きる私たちは、いかに効果的に時間を使うかを考えなければなりません。

期限つきで、何度も新しく仕入れなければならない知識よりも、一生使い続けることができる知識を優先して身につけたほうが、お得なのです。

具体的には次のようなスキルがあげられます。

(1)時間が経つと使えなくなる知識
・流行りのファッションや音楽の情報
・すぐにアップデートされてしまう専門技術
・都度更新が必要な資格を有する知識……etc.

(2)ブランドになる知識
・コミュニケーションスキル
・リーダーシップスキル
・チームビルディングスキル……etc.

誤解していただきたくないので補足しますが、 時間が経つと使えなくなる知識は不要だと言っているわけではありません。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ