はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、38歳、会社員でひとり親の女性。1歳の子どもの教育費を貯めたいと思っているものの、なかなか毎月の収入から貯蓄に回せずにいます。そこで、1,000万円の貯金を投資に移行中。どのくらいまで投資に回しても大丈夫でしょうか? FPの高山一惠氏がお答えします。


1歳の子どもがいるひとり親です。家族からの援助はなし、ひとり親手当もありません。現金預金は1,000万円、投資総額は300万円、借金やローンはなしという状況です。

貯金を増やしたいのですが、毎月赤字になってしまいます。毎月の貯金はなかなか出来ないため、現在の預金を投資に移行中。どれくらいまで、投資に回してもよいものでしょうか。子どもの学費を捻出するため、ジュニアNISAやつみたてNISAをしています。

【相談者プロフィール】
・女性、38歳、会社員、ひとり親 ・子ども:1歳
・住居の形態:賃貸(東海地方)
・毎月の世帯の手取り金額:23万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:80万円
・毎月の世帯の支出の目安:23万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万円
・食費:5万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:4万円
・通信費:1万円
・お小遣い:2万円
・その他:3万円

【資産状況】
・ボーナスからの年間貯蓄額:80万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,000万円
・現在の投資総額:300万円

高山:ご相談ありがとうございます。シングルマザーで実家の援助もひとり親手当もなく頑張っていらっしゃるご様子、素晴らしいです。将来に向けて貯蓄を増やしていきたいとのことですが、現状、家計に余裕がないとのこと。今回は、今ある資金からどれくらい投資に回してもよいのか、また、お子さんの教育資金の考え方についてお話します。

[PR]お金の悩み無料相談!ライフプランを作成し、将来の不安に対して、無理のない対策をアドバイス!