はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、42歳、会社員の女性。結婚を考えている37歳の学生の彼との老後の生活に不安があるという相談者。相談者には2,300万円の住宅ローンが、彼には推定3,000万円の奨学金の返済があります。住宅ローンと奨学金を返して老後を乗り切れるでしょうか? FPの三澤恭子氏がお答えします。


将来結婚を意識している彼との老後についての相談です。

42歳、会社員です。購入したマンション購入しローンの返済が始まり、残債は2,339万円、35年ローンです。

彼は37歳、6年制大学(薬学部)の現在4回生で、奨学金が推定3,000万円(!)あります。ローンに奨学金と、さすがに将来が不安です。二人で老後を乗り越えられるでしょうか?

【相談者プロフィール】
・女性、42歳、会社員
・住居の形態:持ち家(関西地方、マンション・一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:16万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:25万円
・毎月の世帯の支出の目安:13万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万5,000円
・食費:2万円
・水道光熱費:1万5,000円
・お小遣い:5,000円
・その他:1万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:(記載なし)
・ボーナスからの年間貯蓄額:0円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,000万円
・現在の投資総額:3,200万円
・現在の負債総額:残債2,339万円(住宅ローン:物件購入額4,710万円、頭金2,300万、借入額2,360万円、金利0.397%、返済期間35年)

三澤:ご相談ありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの三澤恭子です。結婚を意識されている彼に約3,000万円の奨学金があり、老後を乗り越えることができるか心配されているのですね。相談者様の不安が軽減できるよう、相談内容を整理していきましょう。

[PR]今の保険料割高と感じていませんか? マネーフォワードの生命保険なら、あなたの保険料は?