はじめに

FIREを目指したいけれど、何に投資すればいいかわからない、という方も多いのではないでしょうか?

そこで、ブログ「アラサーdeリタイア」の管理人・ちー( @chii_life )氏の著書『ゆるFIRE 億万長者になりたいわけじゃない私たちの投資生活』(かんき出版)より、一部を抜粋・編集してFIREを目指すための投資方法について解説します。


何に投資する?わたしは株式一択

さて、いざ投資をしようと思って最初につまずくポイントとして、何を買えばいいのかわからないという人は多いと思います。わたしも最初、そうでしたから。

わたしが投資を始めたころは、あまり情報がなかったので、その少ない情報をもとに危険な買い方をしてしまいましたが、今はたくさんの有益な情報があふれていますよね。しかし、情報が多いゆえにどれを参考にしたらいいのかわからない……という状態に陥ってしまっているケースも少なくないはずです。

まず、投資と一口に言ってもさまざまな投資先があります。株式や債券、不動産、金やプラチナなどのコモディティなどなど。

ただ、今回は株式だけに限定したいと思います。

図の通り、長期的に見て一番成長しているのが株式ですし、わたしも株式だけで資産をつくってきたからです。

※債券:国や地方公共団体、企業などが、投資家から資金を借り入れるために発行する有価証券。

個別株?ETF?投資信託?何を買うべきなの!?

いざ、株式に投資!……といきたいところですが、株式にもいろいろな種類が存在します。大きく分けると個別株、ETF、投資信託の3つです。

個別株とはトヨタ、アップルなど株式市場に上場している企業単独の株のこと。ETFや投資信託は、そういった個別株を集めて、パックにした商品のことです。

ETFや投資信託には、株式以外の商品(債券やREITなど)が入っているものもあるし、株式以外の商品だけで構成されているものもあります。組み合わせ次第で無限に商品がつくれるので、種類は1万以上と、とんでもない数が存在しています。

わたしは投資を始めた直後は日本の個別株を買っていましたが、その理由は主に当時はそれが主流だったからです。そのため今でも個別株を多く保有していますが、これから資産運用を始める方に個別株、ETF、投資信託のどれをおすすめするかと言えば、断然、投資信託です。理由は、今は投資信託がめちゃくちゃ優秀だから
※REIT:リート。投資家から集めた資金で不動産への投資を行い、その賃料収入や売却益を投資家に分配する商品。不動産投資信託。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を