はじめに

クレジットカード払いでは、さらにポイントがつく

国民年金の保険料は、毎月の支払いも前納もクレジットカードで支払うことが可能です。クレジットカードの前納は、現金払いと同じ6カ月前納・1年前納。2年前納の3つです。前納による割引に関しては、現金払いと同額ですが、クレジットカードを利用すると、カードのポイントがつきます。

ポイントの還元率が1%以上のクレジットカードの場合は、前納をクレジットカードで支払うと口座振替よりも、お得になります。

例えば、還元率1%のクレジットカードで2年前納した場合、納付金額38万2,780円。ポイントは、3827ポイント。1ポイントを1円換算だとすると、38万2,780円−3,827ポイント=37万8,953円。通常払いだと39万7,320円なので、1万8,367円の得!

付加年金を付ければ将来お得に返ってくる

ちなみに国民年金を支払っている人は、月額400円の付加年金を付けると、受け取る年金額が増額します。毎月400円の支払いは増えますが、納付月数により年金額が増え、 65歳で年金を受け取ると仮定すると、10年間、付加年金を支払っても、たった2年で元がとれるんです。

残念ながら付加年金には、前納という割引はありませんが、将来を考えるととても魅力的な制度です。付加年金がどのような制度か、その詳細は、筆者の過去の記事を参考にしてください。そのお得さにビックリすると思います。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[MF]

この記事の感想を教えてください。