はじめに

「間違いだらけのFXトレード」から卒業するためには、主だった通貨の特徴について正しく理解することも重要だと思います。

そこで、それぞれの通貨の特徴について説明したいと思います。最初はもちろん世界で最も多く取引されている通貨、その意味では「通貨の王様」という存在、基軸通貨(キー・カレンシー)の米ドルです。


通貨の王様・米ドル

日本の投資家がFXを始める時、やはり馴染みのある米ドル/円からと考える人は多いでしょう。たとえば、まだFXをやったことのない人に、「今のユーロ/円はいくらくらいだと思いますか?」と聞いても近い数字を答えられる人は多くなさそうですが、米ドル/円なら結構近い回答が出てきそうですよね。

というのも、米ドル/円は朝昼夜のニュースでも取り上げられることが多いので、FXとは無関係の人にも目に入る機会が多いということがあると思います。こんなふうに頻繁にニュースで為替レートを紹介するというのは日本独特の慣習のようですが。

ただ、そういったこともあって、FXが始まった時、日本の投資家は為替レートに慣れがあり、とくに米ドル/円には馴染みがあったので、他の国よりFXを受け入れやすかったともいわれます。

そんな米ドルの最大の特徴は、基軸通貨、決済通貨として、世界で最も取引が多いということです。その意味をまざまざと見せつけたのが、2020年3月、「コロナ・ショック」と呼ばれた局面でした。コロナ感染リスクの急拡大を懸念し、世界的に株価が大暴落となる中、米ドル/円も一旦は暴落、大きく米ドル安・円高へ動きました。ところが、その後一転して米ドル買いが殺到し、米ドル/円も急反騰となったのです(図表1参照)。

この米ドル買い殺到は、リスクを回避するためには、まずは取引量の最も多い基軸通貨の米ドル確保が最優先になった結果と考えられました。リスク回避の大原則は、「Cash is King(現金こそが王様)」とされますが、これが為替市場においては「基軸通貨の米ドルこそが王様」であることが、未曽有のリスク回避局面「コロナ・ショック」で証明されるところとなったわけです。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を