はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳、会社員の女性。同い年の会社員の夫と、6歳と9歳の子どもと暮らす相談者。現在、資産の大部分を投資資産が占めていますが、どれくらいを現金でもっておけばいいのかわからず、アドバイスが欲しいといいます。FPの秋山芳生氏がお答えします。


ともに39歳の共働き夫婦。子どもは9歳と6歳です。

現在の資産は2,850万円で、現金比率は8%で230万円です。どれくらいを現金資産として貯めておく必要があるのかがわからずにおります。何も使う予定がないのであれば、また、リスクを承知しているのであれば、このまま今ある現金以外は全て投信積立にして問題ないでしょうか。

3年前に車、一昨年に自宅マンションを購入し、差し当たって大きな現金を必要としそうな事がありません。

【相談者プロフィール】
・女性、39歳、会社員、年収400万円弱
・夫:39歳、会社員、年収580万円 ・子ども2人:9歳、6歳
・住居の形態:持ち家(マンション、近畿地方)
・毎月の世帯の手取り金額:52万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:180万円
・毎月の世帯の支出の目安:35万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万7,000円
・食費:6万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:5万円
・保険料:2万5,000円
・通信費:9,000円
・お小遣い:4万円
・その他:6万9,000円

【資産状況】
・ボーナスからの年間貯蓄額:120万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):230万円
・現在の投資総額:2,620万円
・現在の負債総額:2,350万円

秋山:ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FP YouTuberの秋山芳生です。相談者様は、運用資産と現金資産のバランスをどう取るべきか悩んでいます。しかし、総資産のうち何%を現金にするかを考えても、実際の不安は消えません。今回は、現在の家計を診断しつつ、将来にかかる費用を考えながら、現金の役割と投資による資産形成のバランスについて一緒に考えていきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]