はじめに

29歳の会社員・大橋愛莉(仮名)さんは、数年前にSNSを中心に話題となった「老後2,000万円問題」以来、将来のお金について漠然とした不安を持っているといいます。

「もうすぐ30歳になるのを機に、お金について、そして自分の人生についてもしっかり向き合っていきたい」と、ファイナンシャルプランナーをしている筆者のところに相談にきました。


老後に必要な貯蓄率を知る

「不安」は正しい現実を知らないことから生じることが多いように思います。ここ数年は、若い世代でも「老後不安」を心配する人が増え、関連する記事や本が溢れています。

基本ルールは、自分の持ち時間の中で「お金の計画」をたて、実行していくことです。これ以外に特別なことはできません。「一攫千金を狙う」などは一般的には難しいでしょう。

私は、ご相談に来られる方にまず、「人生にとってお金は大切。でも、お金はただの交換手段で、必要なモノやサービスを買って初めて価値が生まれます。お金は目的を達成するための手段としてあるので、なるべくシンプルに合理的に扱いましょう」と伝えます。お金のことをあれこれ悩むより、人生を有意義に過ごすことに集中する方が幸せだと思うからです。

どんな人生を送りたいのか、夢や目標を達成するためにどう取り組んでいくか、キャリアについて、健康、家族や友人との関係、趣味や社会貢献などについてバランス良く、主体的に考えていくことこそが大切です。現在の生活だけでなく、10年後、20年後、さらにもっと先まで時間軸を長く持ち、人生設計を考えていくために「ライフプラン」を立てます。そして、ライフプランを実現してくための費用を準備していくのが「お金の計画」です。

現在の収入は今の自分を支えるお金ですが、将来の自分を支えるお金でもあります。だから毎月一定割合を貯蓄していく必要があるのです。その必要貯蓄率の目安を知るため、経済評論家・山崎元さんと考えた計算式が「人生設計の基本公式」です。

人生設計の基本公式
画像:筆者作成

手取り年収を基準としてご自身にあった貯蓄率が計算できるので、これからいくら貯めなくてはならないか、求めてみてください。

[PR]NISAやiDeCoの次は何すべき?お金の専門家が教える、今実践すべきマネー対策をご紹介