はじめに

円預金ではほぼ金利がつかないため、高金利の「外貨預金」を始めたいと考えている方が増えているようです。

会社員の近藤聡さん(仮名・32歳)もその一人で、「ネット証券やネット銀行などではかなり高金利のものもあり、とても魅力的に見えますが、注意点はありますか?」と相談されました。


外貨預金とは?

外貨預金は、外国通貨で預金するもので、変動金利の「外貨普通預金」と固定金利の「外貨定期預金」があります。

外貨定期預金は、通貨によって金利が異なりますが、円金利と比べる高金利なので人気があるようです。円から預け入れれば一定期間金利がアップするものや、為替手数料が下がるものなど様々な商品が出ています。一方、円預金にはない為替変動リスクや為替手数料がかかります。

注意点は、外貨定期預金の場合、通常よりも金利が高くなる期間がどのくらいなのかを見ることです。ある銀行の外貨定期預金は「年2.00%」とあり、その下に少し小さな文字で3ヵ月間に限った金利だと注意書きがあります。

例えば、1,000米ドルを3ヵ月間預けた場合の金利は、1,000米ドル×年2.00%×90日/365日=4.93米ドル(税引前利息)と計算します。利息は米ドルで受け取ります。

また、あるネット証券では、「年8.00%」は7日とありますので、7日間で1.53米ドル(税引前利息)です。その後は預入期間によって、0.03%から1.71%となります。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]