はじめに

「投資の神様」と呼ばれる方をご存知ですか? アメリカの著名投資家であるウォーレン・バフェット氏です。

2020年8月に日本の5大商社である伊藤忠商事(8001)、三菱商事(8058)、三井物産(8031)、住友商事(8053)、丸紅(8002)にバフェット氏が投資した、というニュースで同氏のことを知った方もいらっしゃるかもしれません。


「投資の神様」ウォーレン・バフェットとは?

ウォーレン・バフェット氏は、1930年に米国のネブラスカ州オマハで生まれたことから「オマハの賢人」という異名も持っています。現在もオマハに住まわれているとのことです。

繊維会社だったバークシャー・ハサウェイ社を1965年に買収、保険事業を中心とした投資会社として生まれ変わらせ、世界トップクラスの巨大企業に成長させました。現在はバークシャーの会長兼CEOを務めています。

バフェット氏自身も世界屈指の資産家であり、世界の富豪番付上位の常連で首位に立ったこともあり、90歳になって個人資産が1,000億ドルを突破。2022年には1,167億ドルの個人資産を保有していると伝えられました。

仲の良いマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が夫婦で運営するビル&メリンダ・ゲイツ財団へ多額の寄付をするなど、豪快なお金の遣い方のイメージがある方もいらっしゃるかもしれません。バフェット氏とビル・ゲイツ氏は2人とも巨額の資産を保有していますが、実は割引クーポンは必ず使うなど金銭感覚は庶民派な面があるよう。自分で価値があると思うものに大きくお金を使うというのが本当のお金持ちなのだと感じます。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を