はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、39歳、会社員の男性。ペット可の賃貸マンションで犬と暮らす相談者。現在は結婚の予定もなく、犬中心の生活なので、将来に向けてペット可のマンションを購入すべきか悩んでいるそうです。FPの氏家祥美氏がお答えします。


犬がいるので、ペット可の賃貸に住んでいますが、このまま家賃を払い続けるか、マンションを購入するべきか迷っています。今のところ結婚の予定はありません。犬が趣味みたいなものなので、それ以外はほとんどお金を使いません。生活防衛費として、300万円を用意していて、それ以外(ボーナスも含む)は全てインデックス投資に入れている状況です。よろしくお願い致します。

【相談者プロフィール】
・男性、39歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(神奈川県、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:32万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:55万円
・毎月の世帯の支出の目安:21万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:9万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・通信費:1万円
・お小遣い:2万円
・その他:5万円

【資産状況】
・現在の貯金総額(投資分は含まない):300万円
・現在の投資総額:3,700万円
・現在の負債総額:0円

氏家:犬を愛するご相談者さんは、現在、愛犬とペット可の賃貸に住んでいます。現在39歳で当面結婚の予定はないということですが、ペット可のマンションを購入すべきか思案しているということでしたね。まずは、購入できるかどうか、家計の状況を確認していきましょう。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]