はじめに

資産形成は大切ですが、積み立てを継続するのは決して容易ではありません。お金は有限ですから、他の消費を我慢して積み立てをしている方もいるでしょう。そんな環境下、もし会社が資産形成を応援してくれるとしたらどうでしょうか?

今回は、iDeCo加入者にうれしい中小事業主掛金納付制度、iDeCo+(イデコプラス)を解説します。


社員の未来を会社が応援する「iDeCo+(イデコプラス)」

iDeCo+とは、その名の通り社員のiDeCoに会社が掛金を上乗せ拠出してくれる制度です。つまりiDeCoに加入している社員を金銭的に会社が支援してくれるのです。iDeCoをするともれなく会社がお金を出してくれるなんて、うれしいですよね。

会社からもらえるお金といえばまず給与がありますが、iDeCo+の会社掛金(事業主掛金)は給与を貯蓄に回すよりも「お得」です。なぜなら、給与からは税金と社会保険料が差し引かれますが、事業主掛金からはそれらが引かれないので丸々老後のために回せるのです。

わかりやすいように1万円の昇給と1万円の事業主掛金を比較してみましょう。

社会保険料の本人負担率は約15%、所得税は所得に応じて最低5%から税率が異なり、住民税は原則10%ですが、ここでは所得税と住民税を合わせて15%と仮置きします。すると給与1万円からは税金と社会保険料3,000円が天引きされ、手取りは7,000円となります。一方事業主掛金としてiDeCoにプラスされる1万円はなにも差し引かれるものがないので、1万円がそのまま資産形成に回せます。

教育、住宅、老後資金の準備はじめてる?無理なくはじめる資産形成、お金のプロに相談してみる[by MoneyForward]