はじめに

証券会社では、株式投資をはじめ、さまざまな金融商品の取引ができます。でも、証券会社ならどこでも同じかといえば、そうではありません。自分のしたい投資に合わせて証券会社を選べば、投資がよりお得で有利になるでしょう。

証券会社はたくさんあるので、証券口座は複数持つべきなのかという疑問もあることでしょう。

今回は、証券会社選びのポイントや、証券口座の組み合わせ方もご紹介します。


店舗型証券、ネット証券、スマホ証券どれを選ぶ?

証券会社は、営業の仕方や取引の方法などによって、店舗型証券・ネット証券・スマホ証券の3種類に分けることができます。

店舗型証券・ネット証券・スマホ証券のおもな違い

店舗型証券は、街の中に店舗を構えて営業している証券会社です。店舗型証券の窓口に足を運ぶと、営業担当者が投資の相談に乗って、アドバイスをしてくれます。

ただ、店舗型証券の手数料はネット証券・スマホ証券よりもずっと高いので、利益を出しにくくなってしまうのがデメリットです。

ネット証券は、実店舗を持たずに営業している証券会社です。実店舗がないため、店舗の固定費や人件費などが節約できます。商品の品揃えも豊富で、特に投資信託や外国株などは数千本(数千銘柄)扱っているようなネット証券もあります。対面でのアドバイスは受けられませんが、投資に関する情報が充実しているので、それを踏まえて投資の判断をすることができます。ネット証券の売買の注文は、スマホのアプリやウェブサイト、パソコンなどからできます。手数料は店舗型証券よりとても安く、条件を満たせば無料になる場合もあります。

スマホ証券も、ネット証券同様に実店舗を持たずに営業している証券会社です。スマホ証券では、スマホだけで口座開設から取引まですべて完結するのが特徴。各社のアプリもスマホでの売買に特化していて、わかりやすいデザインになっています。株式を1株単位、1,000円単位といった少額で投資できるところも多くあります。

[PR]資産運用だけでなく、収入や資産に応じた納税など、プロの意見を参考にあなただけの資産形成を