はじめに

手取り200万円あるボーナスのうち170万円は何に使っている?

ボーナスの使い道についても確認していきましょう。

ボーナスは年間で手取り200万円ありますが、ボーナスから決まって使っているものは特になく、30万円を貯蓄に回す以外は、学費や旅行、税金、毎月の赤字埋め合わせ等に使っています。これまでお子さんの教育費などで想定外にまとまった金額が出ていくことはあったかもしれませんが、現在はご相談者さんのお子さんはすでに二人とも卒業しています。その状況でボーナスのうち170万円が使途不明というのは、お金の使い方として問題があります。

月々の家計は18万7,000円の黒字であるにもかかわらず、ボーナスの使い道として「毎月の赤字をボーナスから補填している」と書かれている点も気になりました。月々もボーナスも何にいくら使っているのかわからない状態ということが分かります。

金融資産と負債の確認

現在の金融資産をまとめると以下のようになります。

貯蓄 300万円
REIT 200万円
株 150万円
つみたてNISA 150万円
iDeCo 50万円
確定拠出年金 320万円
持株会 不明(月2万円、ボーナス5万円積立)
金融資産合計 1,170万円

【負債】
住宅ローン 950万円
自動車ローン 150万円
負債合計 1,100万円

金融資産残高と負債がほぼ同じ金額です。貯蓄に株にiDeCoにつみたてNISAといろいろやっていますが、金額的にはまだこれからという状況です。現在、夫57歳、妻56歳ですから、あまり増やす期間もありません。 

負債は住宅ローンの残債が950万円で、現在57歳の夫が63歳で完済予定です。現在の住まいは戸建てですから、管理費や修繕積立金は不要と考え、住居費12万円はまるまる住宅ローン返済に充てられると考えられます。月々12万円×12カ月×(63-57)年=864万円で残債950万円に届きませんから、ボーナスからも住宅ローンの返済があるのかもしれませんね。

退職金は夫の500万円のみ。仮に60歳で退職とした場合、60歳時点の住宅ローンの残債を退職金で繰り上げ返済したら、それで終わってしまいます。

何歳で退職予定かわかりませんが、65歳で年金をもらうまでの余裕資金がありませんから、継続雇用や転職などで65歳までは働ける道を探すことをお勧めします。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]