はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、31歳、会社員の男性。2人の子どもを中学から私立に通わせ、10年後に、4000万円の住宅を購入したいと考えている相談者。FPのシミュレーションの結果は? FPの秋山芳生氏がお答えします。


31歳、会社員の男性です。妻は29歳、専業主婦。子どもは2歳と3歳です。

10年後に4,000万の家を購入し、子供二人中学から私立に通わせたいと考えています。今の状況で叶えられるでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

【相談者プロフィール】
・男性、31歳、会社員 ・妻:29歳、現状収入無し(専業主婦)
・子どもの年齢:3歳、2歳
・住居の形態:賃貸(大阪府)
・毎月の世帯の手取り金額:41万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:170万円
・毎月の世帯の支出の目安:27万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:2万6,000円
・食費:7万8,000円
・水道光熱費:1万7,000円
・教育費:3万円
・保険料:なし
・通信費:9,000円
・お小遣い:3万円
・その他:7万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:14万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:140万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,100万円
・現在の投資総額:2,100万円
・現在の負債総額:0円

秋山:ご質問いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナー兼FPYouTuberの秋山芳生です。今回の相談は大阪在住の31歳の会社員の方からです。妻は専業主婦で、3歳と2歳のお子さんがいらっしゃいます。手取り年収が660万円を超えているので、額面にすると900万円前後の収入があることになりますね。

将来の展望として10年後に4000万円の家を買い、お子さん二人を私立の中学校に通わせたいとのことですが、まずは現状の家計を確認してから、100歳までのライフプランを組んでいきたいと思います。その上でキャッシュフロー表を作成して現在と未来のお金の推移をみていくことで、家の購入や教育費などの大きなライフイベントの実現可能性をしっかりと見ていきたいと思います。

[PR]不動産投資、住宅ローン、リフォーム等、不動産の"わからない"を自分で学んで判断できるように