はじめに

2024年から始まる新NISA制度。新しいスタートに備えて今一度自身の資産状況について整理し、考え直したい人もいるのではないでしょうか。今回は、NISA口座の金融機関変更について、どんな人が金融機関変更を検討すべきかや、変更する際の注意点について解説します。


NISA口座の金融機関変更は前年10月から可能

NISA口座は年に一度、変更したい年の前年10月1日からその年の9月末までに変更手続きが可能です。つまり、2023年10月現在では、来年2024年からのNISA口座の金融機関変更が可能となります。ただし、年内に手続きが完了しても、今年のNISA口座は変更ができない点には注意が必要です。
 

こんな人はNISA口座の金融機関変更の検討を

1.銀行で口座開設をしている人

普段お付き合いのある銀行でNISA口座を開設している人もいるでしょう。しかし、銀行は一般的に取扱商品が証券会社よりも少なく、個別株投資もできません。また、コスト面においても高くなりがちです。さらにWebサイトやアプリの操作性はどうしてもネット証券に劣る部分があります。

2.店舗のある証券会社で取引をしている人

店舗のある証券会社は多くの場合取引担当者が付きます。それゆえ非常にサポートも手厚く、色々な投資相談に乗ってもらうことが可能です。対面で手続きができる証券会社は、スマートフォンやパソコンの操作に自信のない人や、プロにアドバイスをもらいながら投資をしていきたい人にとって、開設メリットは大きいと言えます。一方、コスト面はどうしても人件費のかからないネット証券に劣ります。

コストが高くなりがちな銀行や店舗のある証券会社でNISA口座を開設している場合、そのコストは本当にかける必要があるものかを再考しましょう。

その家計で新NISAをはじめて大丈夫?お金のプロが無料診断[by MoneyForward]