固定費見直し、とくに通信費の節約は家計改善のカギですよね。とはいえ、キャリアショップは用がないと行きづらく、新機種や新サービスなどの契約をすすめられそうでなんだか怖い。格安SIMは気になるけれど、なかなかショップがない……。そんなときに、実はよい相談場所となるのが「コジマ」。そう、日本全国にある、あの家電量販店です。既存のキャリアから格安SIMまで、携帯電話や各種プランを知り尽くしたプロ「通信費みなおし隊」が相談に乗ってくれるというのです。これは、使いこなさないと損。さっそく行ってみることにしました。


全国どこでもある場所でプロに相談

やってきたのは、コジマ×ビックカメラ 宇都宮本店。スマホの料金が気になるけれど調べるのは面倒、でも安いプランにしたら通話が途切れたり、ネットが繋がらなくなったりしたら心配……といった悩み。どうすれば失敗せずに、見直しができるのでしょうか?

家電量販店の「コジマ」で通信費の見直し相談ができるということを聞き、実際に店舗に行ってみることにしました。今回やってきたのは、「コジマ×ビックカメラ 宇都宮本店」です。

店内には、「通信費お安くしませんか?」ののぼりが。さっそく、スタッフに声をかけてみました。コジマには、通信費の相談にのってくれる専門のスタッフ「通信費みなおし隊」がいる店舗があります。腕章の「通信費みなおし隊」の文字が目印です。

――本当に、通信費の見直し「だけ」の相談でも大丈夫ですか?

通信費みなおし隊(以下同)「もちろんです。私たち『通信費みなおし隊』は、お客様の使い方やご要望をお聞きし、既存のキャリア、格安SIM各社、今話題のサブブランドを総合し、一人ひとりのお客様に合ったよりよいプランをご提案いたします。必ずしもご契約や機種変更をする必要はございません。ぜひ、気軽に相談してください」

老若男女問わず立ち寄りやすい身近な場所で、通信費の見直しができる。これは心強い話です。家電の買い物のついでに相談する人や、「格安SIMが気になるけど、本当に安くなるの?」と立ち寄る人も多いのだとか。

さっそく、編集部スタッフも「通信費みなおし隊」に相談してみました。見直しの結果、一体、いくらの節約ができるのでしょうか?

年間4万円以上の節約に!

編集部スタッフは、大手携帯キャリアと契約中で、iPhone6sを使用。現在の月額基本使用料は5,980円です。

まずは、スマートフォンでユーザーページを表示し、カウンセリングがスタート。現在の契約、使い方を見てもらいます。

「通話は多いですか?」
「通信量は5.5GBですね。毎月これぐらいと考えて組み立てましょう」
「格安SIMだと、ショップがないことが多いですが、気にされますか?」

画面をスクロールさせつつ、「通信費みなおし隊」のスタッフは、素早く現状を確認していきます。

通話はほとんどしない、ショップがないとちょっと不安という編集部スタッフ。結果、「通信費みなおし隊」がおすすめしたのは、サブブランド会社Aの「プランM」。

「このプランですと最初の2年間は月間データ量が6GBで、1年間は2,980円、2年目以降は3,980円で使用できます。通話はあまりされないとのこと。国内通話10分以内なら、何回かけても無料です。追加料金はとくにありません。このサブブランドなら、現在、店舗が全国に急増中ですから、サポートの面での安心感があります」

元の月額基本使用料5,980円が、「プランM」で2,980円に! なんと、3,000円の節約です。固定費が1年で3万6,000円、次の年でも2万4,000円の節約になります。

「平均すると、スマホ代が3,000円ぐらい安くなるお客様が多いですよ」
さらに、「通信費みなおし隊」は、自宅でのインターネット回線を確認。

「インターネットも同系列会社に統一すれば、割引が受けられますから、さらに月額700円通信費が安くなりますよ」

スマホ代と合わせて、1ヵ月3,700円、年間で4万4,400円の節約。これは大きいですね。

次のページでは、家電量販店だからこそフラットな視点でアドバイスできるワケを聞いてみました。