生活

春から一人暮らし、生活費月18万の内訳はどうすべき?

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。

今回の相談者は、この春から一人暮らしを始める30歳の女性。自分なりに立てた生活費の内訳で暮らしていけるか知りたいといいます。FPの竹内美土璃(みどり)氏がお答えします。

春から一人暮らしを始めます。ネットで調べたりして自分なりに生活費のプランを立ててみましたが、本当にこれで暮らしていけるのかと心配です。アドバイスをいただけたら幸いです。よろしくお願いします。


【4月からの生活費の内訳】
・家賃:5.7万円
・水道光熱費:1万円
・通信費(スマホのみ):0.25万円
・食費:2万円
・医療保険:0.47万円
・医療費:0.3万円(コンタクト等)
・ガソリン他:0.5万円
・日用品:0.3万円
・衣服・美容費:1万円
・交際費:1万円
・習い事:0.3万円
・貯金:5万円(年払いの積立含む)


〈相談者プロフィール〉
・女性、30歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸(現在は実家)
・手取りの世帯月収:約16万円+副業2万円ほど
・毎月の支出目安:13万円(3月まで)
・貯金:50万円


竹内: こんにちは。ファイナンシャルプランナーの竹内美土璃です。4月となり新年度を迎え、春から一人暮らしを始められるのですね。きっとインターネットで検索したり、雑誌を見たりして、ご自身で色々と調べていらっしゃるのでしょう。ワクワク感でいっぱいでしょうね。なんだか私までワクワクしてきました。

ワクワクの反面、どのような生活が待ち受けているか不安もありますよね。このお給料で生活できるのかどうか、さぞご心配でしょう。一人暮らしを楽しいものにするためにいくつかヒントを出していきます。参考にしていただければ幸いです。

どうして一人暮らしを始めるのか?

まず、はじめにお聞きしたいことがあります。ご相談者様は、どうして一人暮らしを始められたのですか? 実家から独立しなければならなかった、憧れの1人暮らしがしたかった、大好きな彼と結婚する前にお試しで暮らしてみたかったなど、様々な理由がありますよね。その理由や目的は何でしょうか?

何を聞きたいかというと、一人暮らしをする目的によって、我慢すべきものが変わってきます。一人暮らしをする目的は何か。そして、これからどんな生活をしていきたいか、考えてみてください。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ