【お金のお悩み募集中】家計、住宅ローン、老後資金…読者の悩みにFPが回答!

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、フリーランスのSEとして働く44歳の独身男性。自営業ため老後資金に不安があり、iDeCoを検討していますが、60歳まで引き出せないのが気がかりだといいます。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

老後に向けた資産形成のやり方を教えてください。44歳男性、独身、自営業で業務請負のSEとして働いています。現在は請負の仕事があり、毎月収入がありますが、去年までは無収入でした。今の仕事は請負のため長期継続はできませんが、老後に向けて家計を整えたく相談しました。


支出の中の「その他」には、業務上必要な接待交際費や持ち出しになる備品代が含まれております。通信費は携帯電話(格安スマホ)と光回線代です、業務上ある程度高速安定な回線が自宅に必要なため、この項目はこれ以上の削減は厳しいです。自営業のため、所得税・国民保険などの分として貯蓄とは別に月20万円を蓄えております。貯金は生活費約2ヵ月分の50万円あります。ロボアドバイザーに月15万円を積立投資しておりますが、今後は積立額を5万円に変更し、残りは、つみたてNISA月3.3万、iDeCo月6.7万に分散しようと考えております。そこで、以下の2点について相談させてください。


質問1: 先の仕事が不安定ではありますが、貯蓄もほとんどないため国民年金だけでは心配です。iDeCoを上限額まで拠出しようかと考えておりますが、60歳まで引き落とせないのが不安です。それでも、始めた方が良いでしょうか。


質問2: 家計全般として削減した方が良い項目、増やした方が良い項目などはありますか。というのも、生命保険は受取人もいないので必要ないとしても、医療保険等は入った方がいいのではと不安になります。節税対策にもなると考えておりますが、それより投資にお金を回す方が先かなどと悩んでおります。


<相談者プロフィール>
・男性、44歳、未婚
・職業:自営業
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:60万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:25万円


【支出の内訳】
・住居費:7.8万円
・食費:4万円
・水道光熱費:1.2万円
・教育費:1万円
・保険料:なし
・通信費:1万円
・車両費:なし
・お小遣い:5万円
・その他:5万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:15万円(全額ロボアドバイザーに積立)
・現在の貯蓄総額:50万円
・現在の投資総額:500万円(全額ロボアドバイザーに投資)
・現在の負債総額:なし

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ