老後

iDeCoは上限額まで拠出?40代フリーランスの資産形成

FPの家計相談シリーズ

自営業の場合、所得補償保険の検討を

二つ目のご質問は、家計の中の削減項目、追加項目についてです。

まず保険についてですが、現在独身とのことですので、死亡保障については特段必要ないと思いますが、医療や所得をカバーする保障については検討した方が良いでしょう。特に、個人事業ですと、国民健康保険のため、働けなくなった時の傷病手当金などがありません。病気やケガなどで、今の仕事に制限が入ると、もろに収入に影響が出てしまいます。ですので、働けなくなってしまった場合の所得補償の保険などは必要となるでしょう。

一方で削減項目ですが、住居費はどうでしょうか。お住まいのエリアがわからないので、家賃相場についてわかりませんが、もし今のお住まいにこだわりがないのであれば、一時的な引っ越し費用などはかかりますが、住まいを見直すことも固定費の削減に繋がります。

また、通信費やその他については削減不可とのことですが、お小遣いの項目はいかがですか。なるべく楽しみの部分は残したいところではありますが、少しでも家計改善をしたいのであれば、可能な範囲で見直してみてはいかがでしょうか。

いずれにしても、家計改善による効果は限定的になってきます。大事なのは、何よりもお仕事を軌道に乗せること、そして定年がある仕事ではないので、継続的に収入を得ることができるシステム作りが重要かと思われます。将来の準備を運用任せにするのはリスクが高すぎます。一部資産運用を取り入れながらも、収入と生活、手元資産のバランスを取った上で、生活設計をされることをおすすめします。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ