読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、退職金をすべて住宅ローンの返済に充てたという61歳の男性。老後資金として使える貯蓄は、およそ1000万円しかありません。これでは足りないのでしょうか。FPの高山一恵氏がお答えします。

58歳のときに自己都合で退職し、退職金で家のローンを支払ったため残金はありません。私は現在アルバイトで働き月8万円、妻はパートで月6万円~10万円稼いでいます。長男が4万円、次男が1万円、同居する義母が3万円、家に入れてくれています。特別支給の年金が63歳から約155万円、65歳から約234万円支給される予定です。これから家具・家電の買い替えや家の修繕費などにもお金がかかってきます。妻は貯蓄の1000万円から出せばいいと言いますが、この先介護費用や葬式費用もかかると思うと手をつけたくありません。そもそも、夫婦2人で老後に貯蓄1000万円では足りないのでしょうか。


〈相談者プロフィール〉
・男性、61歳、既婚(妻:58歳、会社員)、子供2人(33歳、24歳)
・職業:パート・アルバイト
・居住形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:26万円
(夫8万円、妻10万円、長男4万円、次男1万円、義母3万円)
・年間の世帯の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:約26万円


【資産状況】
・毎月の貯蓄額:なし
・現在の貯蓄総額:1000万円
・現在の投資総額:170万円
・現在の負債総額:なし


【支出の内訳】
・住居費:なし
・食費:8万円
・水道光熱費:2.3万円
・教育費:なし
・保険料:4万円
・通信費:1.5万円
・車両費:1万円
・お小遣い:4万円
・その他:5万円

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ