生活

34歳主婦「不妊治療にお金がかかり、貯蓄がまったくできません」

FPの家計相談シリーズ

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、不妊治療中で貯蓄がまったくできないという34歳のパート主婦。子どもを授かる前に少しでも蓄えを増やしたいといいますが……。FPの高山一恵氏がお答えします。

夫は自動車整備士、私は介護施設でパートで働いています。貯蓄がまったくできず、その日暮らしです。不妊治療中ということもあり、今後のことも考えると子どもができる前に少しでも貯蓄しておきたいのですが、どうしたらいいかわかりません。何を見直したらいいのでしょうか。

<相談者プロフィール>
・女性、34歳、既婚(夫:34歳、自動車整備士)、子どもなし
・職業:パート
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:30万円
(夫:20万円、妻:10万円)
・年間の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:31万円

【支出の内訳】
・住居費:5.8万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:なし
・保険料:4万円
・通信費:3.5万円
・車両費:3万円
・お小遣い:2万円
・ペット代(2匹分):3.7万円(エサ、保険、病院代)
・不妊治療費:5万円ほど

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:ほぼ0円
・現在の貯蓄総額:12万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし

高山: ご質問ありがとうございます。私のお客様の中にも不妊治療をされている方は少なくありませんが、不妊治療はお金がかかりますよね。

お子さんが欲しいというお気持ちはわかります。ただ、お子さんを授かった場合、出産後こそお金がかかりますし、その他にもなにかと人生お金がかかります。現在は貯蓄がほとんどできない状態のようですので、まずは、貯められる家計へと変えていきましょう。

まずは生活費1年分の貯蓄を目標に

現在、不妊治療中ということもあり、毎月コンスタントに貯蓄ができないとのこと。確かに毎月5万円の費用負担は家計を圧迫しますよね。とはいえ、ご相談者さんも気にされているように、お子さんを授かったら、子どもを養育するためにもっとお金がかかりますし、その他にもなにかとお金がかかります。

また、病気やケガなどで働けなくなったり、会社の業績が悪くなりお給料が減ったりするなど、人生の危機はいつ訪れるかわかりません。そんな時に貯蓄がほとんどないと不安なことでしょう。まずは、生活費の半年分、できれば1年分を目標に貯蓄したいところです。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ