2019年11月17日、お金に関連したあらゆることが学べる、年に1度のイベント「お金のEXPO2019」が開催されました。今後のマーケット見通しや、資産形成のノウハウ、不動産投資をテーマにした講演など盛りだくさんの内容となった同イベント。

その中から、クレア・ライフ・パートナーズ 工藤 将太郎氏による「個人投資家が絶対に知っておくべき、最強の多極分散戦略!」の講演内容をお届けします。

リターンの92%はこれで決まる

「アセットアロケーションは、リターンの92%を決定する」資産の構成がリターンの92%を決めてしまうという話があります。これはアメリカの年金運用の結果を、分析したデータから出ています。、投資する際、銘柄選びが重要と思っている方もいますが、銘柄選びが、リターンに対する影響は4%です。

他にも、投資するタイミングを重要視する方もいますが、これは2%です。アセットアロケーションで、92%決まると言われています。インデックスファンド運用で有名な、バンガード社の調査でも、毎月のリターン平均を見ていくと、この変化量の76.6%はアセットアロケーションによるものだと、結論づけていきます。

このことから、アセットアロケーションが重要だと分かると思います。個人投資家のアセットアロケーションは、決して皆さんの投資スキルが大事なわけではありません。アセットアロケーションの「質」はパートナーの選び方で決まると思っています。

予算が300万円あったとき、ある商品の営業マンに出会ってしまうと、必死に自社の商品を提案してくるでしょう。皆さんが出会う相手が、将来いくら必要なのか、期間はどれくらいあるのか、まで考えてくれるパートナーであれば、もう少し違った解決策を提示してくれるかもしれません。

資産運用というのは、商品を買ってからがスタートになります。営業マンは売るところがゴールになりがちです。

多極分散という考え方、そしてさまざまな選択肢があることを知っていただいて、こういったいろんな資産を取り扱えるパートナーとぜひ手を組んでいただきたいなと思います。

弊社では仕組みの設計から、売買の実務までをワンストップで取り扱っていきます。不動産の売買自体も自社でやっていきます。弊社のサービスは、「ライフマネープランニング」「ライフマネートレーニング」の2種類です。。

過去の経験上、弊社がお役に立てる方は、「短期にめちゃくちゃ利益を出したいという方」よりも、「計画をしっかり立てて様々なアセットを取り入れていきたい」という方に向いていると思います。

ご静聴いただきまして誠にありがとうございました。