キャリア

NISAの新制度で何がどう変わる?3つのポイントを解説

「新NISA」メリット・デメリットは…

つみたてNISAは5年延長、ジュニアNISAは終了へ

一般NISAと新NISAの変更点を紹介してきましたが、NISAはこれだけではありません。つみたてNISAとジュニアNISAも変わります。

2018年にスタートしたつみたてNISAは年間40万円までの投資の利益が20年間非課税になる制度。しかし現状、2037年までの制度のため、スタートが遅くなればなるほど、投資できる年数が減るのがネックでした。

そこでつみたてNISAも、一般NISA・新NISAと同様に5年間延長されることになりました。2042年まで投資できるようになるため、2023年までにスタートすれば、20年の投資期間を確保することができます。

また、未成年の子や孫のために年80万円まで非課税で投資できるジュニアNISAは利用者数が少ないことから、2023年をもって終了することになりました。ジュニアNISA内のお金は子や孫が18歳になるまでは原則として引き出せませんが、2024年以降は非課税で引き出せるようになる予定です。


新NISAは一般NISAと同じようにたくさんの株式や投資信託から投資先を選びつつ、つみたてNISAと同じような運用も並行できる制度といえるでしょう。とはいえ、スタートは2024年。まだ始まるまでには時間があります。これから詳細が固まってくれば、有効な使い方も見えてくると思います。

これから投資を始めたいという方には「つみたてNISA」が圧倒的におすすめです。2023年までにスタートすれば、累計800万円の非課税枠を活用することができます。

始めようと思った時に始めましょう。何も行動しないでいると人生は何も変わりません。コツコツと投資を始めることで、金銭的なメリットだけでなく、「投資は楽しいもの」という気付きも与えてくれます。

お金と向き合うと、人生は変わります。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ