はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、「結婚をあきらめた」という33歳の女性。自称ケチで結構貯めてきたといいますが、老後への備えとして問題ないか気になるといいます。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

彼氏との同棲を解消しました。結婚をあきらめたので生涯独身で生きていこうと思います。

一生できる仕事を見つけたく、転職を繰り返し、今の職場を見つけました。契約社員で給料は少ないですが、居心地がよくストレスも少ない会社です。キャリアアップも望んでいないので、ずっとこちらで働きたいと考えています。

長く実家暮らしをしていたので、お金は結構、貯めることができています。すべて現金で持っているので、このままでいいのか不安に思って無料のセミナーを受けたところ、このままではダメだとわかったのでiDeCoとつみたてNISAを始めてみました。

住居は、もう少し安い賃料の物件に移り住み、老後も住めるといいなと思っています。かなりケチな性格で、保険や通信費はかなり削っていますし、美容院は半年に一度、化粧品はプチプラブランド、毎日自炊をしているという状況です。ただ、飲みに行くとお金を使いがちなのと、ランニングが趣味でマラソン大会などにも出るためシューズなどにお金をかけています。

このような状況で、老後への準備は大丈夫でしょうか。

〈相談者プロフィール〉
・女性、33歳、未婚
・職業:会社員(契約社員)
・毎月の手取り金額:18.2万円
・年間の手取りボーナス額:なし
・貯蓄:普通預金920万円

【支出の内訳(20.1万円)】
・住居費(家賃):6.2万円
・食費:2.3万円
・生命保険料:0.3万円
・通信費:0.3万円
・交際費:3万円
・被服・美容費:0.2万円
・娯楽費:1万円
・医療費:0.4万円
・日用品代:0.3万円
・iDeCo・つみたてNISA:5.6万円
・その他:0.5万円

FP: ご質問ありがとうございます。まだお若いのに生涯独身を決めてしまうのは早いような気もしてしまいますが、将来のお金について一緒に考えてみましょう。

今のまま60歳まで運用を続ければ、老後は問題なし

すでにiDeCoとつみたてNISAを掛け金の上限近くで始められているのですね。そのため、毎月の収支は2万円ほどの赤字です。毎月5万6000円を投資に積み立てると2万円赤字になり、その分を貯蓄から切り崩すことになるので、少しお金の流れが把握しにくくなります。

簡単にいうと、貯金の一部を投資に回すようなイメージですね。貯蓄額から考えると、今の収入を維持できれば、iDeCoに加入できる上限年齢(60歳)まで、iDeCoもつみたてNISAも継続していて問題ないと思います。

毎年24万円が貯金から減りますが、投資額が67万2000円ずつ増えます。これを60歳まで続けると、貯金は648万円減りますが、投資額だけで1814万円になります。これに運用益が付けば、十分な老後資金ができあがります。もし、平均的に3%で運用できたとしたら、2780万円ほどになる可能性があります。貯金は270万円ほど残っている見込みですから、老後資金は3050万円ほどにもなるでしょう。

相談者さんの暮らし方が変わらず、年金が月に10万円ほど貰えるとしたら、65歳以降の生活費として必要な金額は、100歳までの35年分見ても1900万円ほど。介護費用の準備なども考えても、今のままでやっていけるのなら大きな問題はないと思います。