はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、「老後に絶望しかない」と嘆く、45歳の独身女性。同居する70歳の母親の介護費用も考えると、このままでは貯金が底をついてしまうといいいます。FPの黒田尚子氏がお答えします。

将来が不安でたまりません。現在は持家ですが、マンションの老朽化問題により、来年目安で売却し、賃貸に引っ越す予定です。そして、このまま生涯賃貸に住もうと考えています。しかし、このままいくといつか貯金が底をつき、その場合は死ぬしかないと思っています。老後に絶望しかありません。老後の備えとしてあるのは、以下の保険のみです。

・個人年金:60歳から10年間、月約7万円受給
・厚生年金:ねんきん定期便によると毎月約10万円受給
・がん保険:積立型、健康に生きれば70歳で約118万円受給
・医療保険:積立型、健康に生きれば70歳で約140万円受給

株や投資には一切興味はなく、この先もやらないつもりです。地道に貯金していくしかないのですが、どこをどうすればいいのかわかりません。

70歳になる母と同居しています。年金は月5万円ほど、私の扶養に入っています。いまのところ健康ですが、これから母親の介護も発生するかと思います。

<相談者プロフィール>
・女性、45歳、未婚
・同居家族:母親、70歳
・職業:会社員
・居住形態:持ち家(マンション)
・毎月の手取り金額:18.5万円
・年間の手取りボーナス額:45万円
・毎月の世帯の支出目安:15万円

【支出の内訳】
・住居費:3.2万円
・食費:3万円
・水道光熱費:1.5万円
・教育費:なし
・保険料:2.7万円
・通信費:0.5万円
・車両費:なし
・お小遣い:2.5万円
・その他:1.5万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:3.5万円
・年間ボーナスからの貯蓄:20万円
・現在の貯蓄総額:700万円
・現在の投資総額:なし
・現在の負債総額:なし
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ