はじめに

JACKさんはIPO投資を主軸として資産を2億円に築いた兼業投資家。会社員でも気軽に始められるのがIPO投資の良いところだと言います。今回は投資歴30年の中で磨いてきたJACKさん流のIPO投資法に迫ります。


当選確率を上げるための手間を惜しまない

――JACKさんのIPO投資について教えてください。

ブックビルディングに申し込んで当選を待つ。当たったら初値で売る。それだけです。

今のように地合いが悪い時は別ですが、初値は基本的には公募価格より高くつく傾向にあります。その差額を取りに行くスキームなので、当選さえすればリスクが小さいトレードだと思います。逆に言うと、当選確率をどうやって高くするかが重要だということです。最近はマネー雑誌などでもIPO投資が取り上げられるほど有名になっていますので、競争率は以前より上がっていますよね。

――当選確率を上げるためにはどんな方法があるのでしょうか。

まず王道は複数の口座を持ち、申し込む数と申し込む単元数を増やすことです。ネット証券の場合は一部の証券会社を除いて基本的には抽選で決まりますので、自分の口座だけで申し込むより、妻や親といった家族にも参加してもらい申し込めば当選確率は上がりやすくなりますよね。

またSBI証券にはIPOのチャレンジポイントがあり、申し込んで外れた時に1ポイント獲得できます。これを使うことによって当選確率が上がりますので、コツコツ申し込むことが大事です。たとえば、年間100本のIPOに申し込むと、全て外れたとしても100Pたまります。過去例を見ると、値上がりが期待できる優良なIPOがだいたい400Pくらいで取れますので、4年待てば1つは取れるわけです。4年に一度というと気が遠くなるかもしれませんが、家族で4つ口座を持てば、1年ずつずらしてポイントを使うことによって毎年1つずつIPOが取れます。

――ポイントを使って取りにいく狙いどころのIPOはどんな銘柄ですか。

やはり初値が高くつきやすい優良銘柄が良いですよね。今はネット上にIPOの情報がたくさん溢れていますので、株の情報サイトなどで有料会員にならなくても、いわゆるS級やA級と呼ばれる期待値が高い銘柄が選別できます。IPOに詳しい人たちが初値予想もしていますし、これから上場しそうな大型銘柄の情報も入手できます。

実際に上場するかどうかはわかりませんが、例えば、JR貨物、USJの再上場、劇団四季などは大型で人気があることから、比較的取りやすく美味しい銘柄候補といえるのではないでしょうか。日本郵政グループが3社上場した時のように、IPO参加者みんながハッピーになれる銘柄は今後も出てくるでしょうし、そういった銘柄をしっかり取るためにも、店頭証券の口座開設やネット証券で日頃からコツコツとポイントを貯め、ブックビルディングに備えることが大事だと思います。