はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、旅行やバーゲンで散財してしまい、貯金が減ってしまうという34歳会社員の女性。年齢を考え、マンションの購入も考えているといいますが…。FPの秋山芳生氏がお答えします。

今までバーゲンでの買い物や旅行など、貯金を気にせずに出費していました。その結果、貯金を取り崩す生活が続いています。貯金に手をつけずに、それらを賄えるようになりたいです。また家計を見直して普段から貯金ができるようになりたいです。どこから手をつけたらいいのでしょうか。

また、そろそろ年齢を考えて、マンション購入の計画を立てるべきか悩んでいます。もし購入するとしたら、どんな準備をしておいた方がよいのでしょうか。

【ユーザープロフィール】
・女性、34歳、未婚
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・毎月の世帯の手取り金額:21万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出目安:21万円

【支出の内訳】 
・住宅費:6.5万円
・食費:3.5万円
・水道光熱費:1万円
・教育費:なし
・保険料:1.3万円
・通信費:0.7万円
・車両費:1万円
・お小遣い:3万円
・その他:4万円(被服費、美容費、日用品代など)

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:なし
・ボーナスからの貯蓄額:40万円
・現在の貯蓄総額:600万円
・現在の投資総額:130万円
・現在の負債総額:なし

秋山: ご相談いただきありがとうございます。ファイナンシャルプランナーの秋山芳生です。
バーゲンで買い物はしたい!旅行は行きたい!でもお金もためたい!そして、マンション購入を考えたい!なんてワガママなんでしょう(笑)でも、わかります。お金は使ってなんぼですし、人生は短く「今」を楽しまないともったいない。それでいて将来の住処も心配ですもんね。多くのワガママな方の代弁者としてご相談いただきましたので、一緒に考えていきたいと思います。

現在の家計を拝見すると、おそらく毎月の支出は安定しているわけではなく、手取り収入21万円を支出が超える赤字月が多いのではないでしょうか? そして、ボーナスが出ると20万円ほど補填するという感じではないでしょうか?

コロナショックで景気悪化が懸念されていますが、景気が悪化すると一番最初に減るのがボーナスです。ボーナスをあてにせず、毎月の収支を黒字に変えながらワガママを叶えられるかを細かく家計を見ていきたいと思います。