生活

コロナで世帯月収60万から11万。退職金出ない自営業者「老後資金が不安」

FPの家計相談シリーズ

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ

今回の相談者は、コロナ禍の影響で世帯収入が6分の1に減少してしまった自営業の方。この非常事態を乗り切って老後に備えるために何をやるべきでしょうか。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

新型コロナウイルスの影響で、営業自粛をしなくてはいけなくなりました。整骨院を経営しています。妻は飲食店勤務ですが、現在仕事に行けず、収入が半分ほどになる見込みです。

手当や給付金など、申請できるようになればするつもりですが、このままの状態がいつ終わるかわからず、途方に暮れています。とりあえず、当面の生活費に困ることはありませんが、このままの状況がしばらく続くと、私のほうの顧客も離れていきそうに思いますし、収入が回復するのかどうか、不安でたまりません。

また、老後資金を作るために始めたiDeCoもこのまま続けられるのか心配です。退職金がない私たち夫婦は、退職金を貯めていくことができるのでしょうか。

<相談者プロフィール>
・男性、48歳、既婚
・職業:整骨院経営
・同居の家族:妻(45歳、飲食店勤務)
・子ども:なし
・世帯の手取り収入:60.3万円(相談者:38.7万円、妻:21.6万円)
 ※相談者→今は0、妻→11万円ほどになる見込み
・年間の手取りボーナス額:なし
・毎月の世帯の支出目安:50万円

【支出の内訳】
・住居費:12.4万円(ローン)
・食費:5.1万円
・水道光熱費:2.1万円
・生命保険料:4.8万円
・車両費:4.2万円
・交際費:2.6万円
・被服・美容費:2.4万円
・嗜好品(タバコ):3万円
・住民税:2.1万円
・国民年金:1.7万円
・国民健康保険料:3.6万円
・その他:4万円
・iDeCo(二人分):2万円 ※始めたばかり

【資産状況】
・現在の貯金総額:約700万円

FP: 新型コロナウイルスによる収入減は今や社会問題化しています。給付金など、ある程度の補償はありますが、手続きが始まったばかりでまだお金が手元に届かないものもありますし、相談時にはまだ申請の受付も開始していませんでしたから、大変不安であったと思います。相談者さんの老後資金づくりも含めて、これからのいわゆる“ウィズコロナ”の時代をどう過ごすか、考えてみましょう。

Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ