はじめに

iDeCoは金額を下げることも可能

iDeCoは一旦始めると60歳まで解約ができませんが、掛け金を下げることはできます。最低金額は5000円からできますので、家計全体の支出額を下げたい時は、掛け金の減額も検討してみましょう。

ただ、金額の変更は年に一度しかできませんので、慎重に。そして、家計状況が安定・回復してから、金額を上げていくと良いと思います。

注意して欲しいのは、先にもお伝えした国民年金保険料の支払い免除を受けた時です。一部免除となった場合や、猶予を受けた、未納の場合もです。このような場合は、iDeCoにお金をかけることができません。間違ってお金を入れてしまうと、組戻の手数料がかかってしまうだけで、iDeCoの金額は積み上がりません。

生活の維持が第一ですので、やむを得ない場合もあると思いますが、年金保険料の納付とiDeCoの関係は忘れがちになってしまうので、念頭に置いていただけたらと思います。

今後の状況が確定しないため、はっきりと「こういうことをすべき」とはお伝えできませんが、状況に合わせ、何に取り組むかを検討して、状況に合わせた家計を作るように心がけていきましょう。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。