学費だけでなく老後資金も不足、早急に改善策を!

仕送りは、いいことだとは思います。ただ、預貯金額は十分な状態では全くありません。将来が非常に心配です。

相談者さんのご主人は、収入の中で支出が収まっていると思い込んでいるようですが、それは支出の実態を知らないからです。状況を共有し、家計全体を相談できるようになると、教育費の掛け方、食費や子どもの小遣いなどのやりくりも楽になるかもしれません。相談者さん一人で頑張らなくても良いのです。収入が多くても、支出も多ければお金が貯まらない事実がわかると、ご両親への仕送り額についても検討していくことができるかもしれません。

ただ、ご両親も仕送りがないと生活が苦しい状況かも入れません。安易に仕送りをやめると考えるよりは、まずは教育費や生活費を削減し、できることをやってみて、それでもダメなら一部減らさせていただく相談をしていくなど、順序をつけておくと良いでしょう。

相談者さんご夫婦は、これから教育費の他に老後資金も意識していかねばなりません。ですから収入が多いのに貯金ができないというのは、もったいないことなのです。

ご夫婦で家計の話ができ、かつ食費の振り返りになれたら、他の支出も把握して振り返り、支出を削減していきましょう。また、教育費もかけるだけがベストではありません。お子さんが抱え込めない以上の学習環境を与えても辛いだけというケースもあります。効率的、効果的な量を親子で話し合って決めていくことも良いと思います。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。