はじめに

本当におトクなのか?「残高設定ローン」の仕組み

またもう一つ気になるのは、自動車の購入の仕方です。「残価設定ローン」は毎月の支払いが抑えられますが、そこに飛びついてこのローンを選んだということはないでしょうか。きちんとメリット、デメリットを知っていてほしいと思います。

メリットは、3年、5年後の残存価値を設定し、それを除いた車体価格でローンを組むので、月々の返済額が少なくなることです。例えば車体価格の40%の価値が5年後に残っていると設定し、残り60%分の金額でローンを組むということです。また、契約期間が終わると新しい車に乗り換えやすいこともメリットかもしれません。

反対にデメリットは、まずは利息が高めな場合が多いこと。また、契約期間が終わると新しい車に買い替えるか、買い取らなくてはいけません。買い替えの場合は、今後もローン支払いが継続するということになりますし、車を買い取る場合は、返済総額が通常ローンより高くなります。また走行距離や車の状態により、3年、5年後の残存価値が当初の見込みと異なってしまい、下がることがあります。カスタマイズはもちろんできません。

つまり、ローンを支払っている間は「借りている」くらいのつもりでいないといけないのです。そして、最終的には支払金額が多くなってしまう可能性もあるのです。

ここを理解し、それでもご自身の考えで利用が最適だと思うのであれば良いのですが、私なら支払総額が少ない方法で購入し、気軽に乗りたいなと思います。

「お得」「便利」に見える仕組みに飛びつかないで

将来のことをいろいろ考え、取り組まれることもよいのですが、今をしっかりしておかないと、大切にしたい将来が苦しいものになってしまいます。お子さんを迎えるためにも、今一度、支出の仕方や金額の大きいものの購入の仕方を見直してみましょう。