はじめに

まとめ。ご主人との対話も大切に

以上、ポイントをまとめますと以下のようになります。・

・マイホーム2500万円(諸費用+250万円)、ご主人様の年収50万円、お子様の教育プランはすべて公立、という前提であれば、家計としては十分やっていけるのではないかと思われます。

・マイホーム3000万円(諸費用+300万円)、ご主人様の年収20万円、お子様の教育プランはすべて公立、という前提であっても、家計としてはやっていけるのではないかと思われます。

・ご主人様の収入など不確定な要素もあるかと思いますが、今後のお金の使い方についてご夫婦でしっかりお話され、お二人にとっての満足度が高くなるお金の使い方、配分を考えてみて頂ければと思います。

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのFPが答える「みんなの家計相談」の過去の記事一覧はこちらから。

この記事は参考になりましたか?