はじめに

買い物などでもらえるポイントを利用して行う「ポイント投資」が広がっています。「お金が減るかもしれない投資はちょっと……」と思っている方でも、現金・預金を一切減らすことなく投資ができると知ったら、きっと挑戦してみたくなるはず。

今回は、ポイント投資サービスの概要と選び方について、紹介します。


ポイント投資は「現金購入型」と「ポイント連動型」の二つに分かれる

ポイント投資は、株や投資信託といった金融商品にポイントを利用して投資できるサービスです。通常の投資と同じく、買った商品が値上がりすれば儲けが出ますし、逆に値下がりすれば損が出ます。しかし、ポイント投資の元手は基本的にはポイントですから、仮に値下がりしても手持ちの現金や銀行預金などが減ることはありません。その意味では、身銭を切らない分、初心者の方でも投資資金がない方でも取り組みやすい投資です。

ポイント投資には、大きくわけて「現金購入型」と「ポイント連動型」の2種類があります。

現金購入型は、選んだ株や投資信託を、ポイントを現金に換えて実際に購入し、利益を現金で受け取れるものです。実際に金融商品を購入することになりますので、証券会社等への口座開設が必要ですが、その分本格的な投資ができます。

ポイント連動型は、選んだ株や投資信託などの値動きに合わせてポイントが連動して、増減する仕組みになっています。実際に商品を買うわけではないので、証券会社等の口座開設も不要です。比較的簡単な手続きでスタートできます。

サービスによっては1ポイント単位で投資がスタートできるなど、少額から取り組むことができるのもポイント投資のメリット。元手となるポイントは、普段の買い物などでたまっていくため、「投資の前にお金を貯めよう」といったことも不要です。手持ちのポイントがあれば、すぐにポイント投資がスタートできます。

Tポイント、dポイント、楽天ポイント、Pontaポイントのいわゆる「4大共通ポイント」をはじめ、今や多くのポイントでポイント投資ができます。ポイント会社と証券会社などがタッグを組んで、ポイント投資のサービスを続々と展開しているためです。現金購入型・ポイント連動型に分けて、サービスを見てみましょう。