はじめに

代表的な投資のひとつである「不動産投資」。そのプロとして名を挙げた人は、どのように不動産投資のキャリアを積み上げてきたのでしょうか。今回話を聞いたのは、株式会社アセットビルドの代表取締役である猪俣淳さん。不動産コンサルタントとして知られる猪俣さんは、23歳にして自宅マンションを購入。実はその当時から「投資を意識した」と言います。その後のキャリアにつながるこの時期のエピソードを聞きました。


自宅用マンション購入のきっかけ

――猪俣さんは、23歳で自宅マンションを購入されています。かなり早いと思うのですが、この頃から不動産投資を見据えていたのですか?

厳密には自宅として購入しましたが、投資的な視点も踏まえて買いました。もともと、大学時代に付き合った彼女と卒業後すぐに結婚するつもりでしたが、相手方の父に「早い」と言われて(笑)。それで卒業後に就職し、お金を貯めてすぐにマンションを購入したのです。

――どんな成り行きで物件を選んだのですか?

大学を卒業したのが1984年で、私は不動産売買の企業に就職しました。このとき、義父から「不動産関係なら宅建の資格(※宅地建物取引士)を取得して、貯金も100万円貯めたら結婚していい」と言われて(笑)。それで宅建を勉強して、社会人1年目の10月に受かりました。通勤電車が勉強場所でしたよ。

貯金についても、給料が手取り月15万円ほどで、毎月8万円貯めて1年で約100万円を貯金。そうして結婚したのですが、この100万円を頭金にして1450万円のマンションを買ったのです。

――すごい努力ですね。購入したのはどんなマンションでしたか?

築10年、広さ67平米でした。横浜市住宅供給公社分譲の団地で1万5,000世帯ほどが住むマンモス団地でしたね。もちろん自宅として購入したのですが、自分自身の職業が不動産仲介だったこともあり、このときから“出口”も考えていたのです。