はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、51歳、会社員の女性。会社の年金制度が確定給付から確定拠出年金に変更になり、どう運用すればよいのかお悩みとのこと。FPの坂本綾子氏がお答えします。

会社員です。勤め先の年金制度がかわり、確定給付→確定拠出年金に変わります。勤続30年定年まで、あと10年切る段階でまとまった大金について、年金制度移換金としてその運用方を自分で決めなければなりません。このコロナ渦短期的に、また定年見据えた中で、どうすべきでしょうか?株式市場も実態経済とリンクしていないような回復ぶりに、一旦定期預金的なものに全額振り向け、徐々に債権株式にスイッチして、半額位を運用に回すことをイメージしております。

【相談者プロフィール】
女性、51歳、会社員
同居家族について:両親、子ども2人(20歳、22歳)
住居の形態:親の家で同居
毎月の世帯の手取り金額:50万円
ボーナスの有無:なし
毎月の世帯の支出の目安:40万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:15万円
食費:10万円
水道光熱費:なし
教育費:10万円
保険料:2万円
通信費:3万円

坂本: 老後の生活を考えたとき、会社員にとって退職金や企業年金の存在は大きいですね。企業年金を、確定給付タイプから、確定拠出年金に変更する会社が増えています。確定給付タイプは、受取る年金額があらかじめ決まっていますから老後の生活設計を立てやすいです。一方、確定拠出年金は自分の運用次第で受取額が違ってきます。どんな運用をしたらいいのか悩んでしまいますよね。ご相談者もそのケースです。しかも51歳で、定年退職まで10年を切っています。そんな場合の、確定拠出年金の運用方法について考えてみましょう。