はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、49歳、会社員の男性。最近転職したものの、慣れない業務内容に疲れきってしまい、リタイアを希望する相談者。節約生活もはじめたそうですが、希望は叶うのでしょうか? FPの高山一惠氏がお答えします。

50歳を機に、リタイアもしくはセミリタイアを考えております。現在の資産でリタイアはできますか?

精神的にも体力的にもかなり疲れてしまいました。会社に行くのに本当に疲れてしまいました。今は最近転職した仕事の関係で関東の賃貸に住んでいますが、関西にマンションを保有しています(ローン完済、築25年)。

転職前にセミリタイアをしようと半年ほど無職を体験し、生活費は年間換算で180万円程度で、不満なく暮らせていました。もう少し削れると感じていました。節約生活はいろいろ学びもあり、自炊を始め、体調も安定していました。

転職したのは、コロナの影響で景気が悪くなり、資産が心許ないかと思ってのことでした。が、やはり一度消えかけた仕事への情熱が戻ることはなく、それだけでなく、慣れない業務内容に心身ともに疲れきりました。車は年内で売却します。

趣味は安いチケットを探していく海外旅行ですがコロナでしばらくはいけそうにありません。今は疲れすぎて、旅行を考えることもしばらくありませんでした。

無職の時に取得した日本語教師の資格で、日本で困っている外国人の手助けをしながら、少しですが収入を得ることも考えています。月に5万円から10万円程度。あと、株式の配当が年間約30万ほどあります。年金は今収入をなくしたとして、65歳から支給の場合、約15万ほどになると年金事務所で聞きました。

甘い相談なのかもしれませんが、第三者の貴重なアドバイスをいただけると幸いです。

【相談者プロフィール】
男性、49歳、会社員、未婚
子どもの有無:なし
住居の形態:賃貸
毎月の世帯の手取り金額:68万円
年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
毎月の世帯の支出の目安:30万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:15万円
食費:3万円
水道光熱費:1万5,000円
保険料:5,000円
通信費:1万円
車両費:1万円
お小遣い:1万円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:7万5,000円
ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
現在の貯蓄総額:2,250万円
現在の投資総額:2,750万円
現在の負債総額:0

高山: ご質問ありがとうございます。心身ともにお疲れのご様子で早期リタイアを目指していらっしゃるとのこと。できれば希望通りの生活を送りたいですよね。限られた情報の中での見通しとなりますが、現在の資産でリタイアもしくはセミリタイアが可能かどうか考えてみましょう。