はじめに

「クレジットカードは何枚を使い分ける?複数もつ理由」では数枚もつメリットを解説しました。今回は、メインのカードを選ぶポイントは、何を基準に考えるべきか解説していきます。


メインのクレジットカードを選ぶコツ

メインカードを選ぶ大事なポイントを解説するために、まずは「クレジットカードは何枚を使い分ける」場合の事例から解説します。

5

サブカードが、メリットを狙い撃ちするための飛び道具的な武器(例えば弓)だとするならば、メインカードは主力の剣となります。ごく日常の生活費支払いの中で、現金払い比率を下げながらクレカ決済比率をあげられるカードが、メインカードに最適です。

そこで考えたいポイントは以下の2つです。

■ 通常使用時のポイント還元率
■ クレカ決済の仕組み作り

まず、通常使用時のポイント還元率についてですが、これは特別な条件下(特定の日、特定の商品など)ではなく、通常の買い物や飲食の際にカードを使った場合にどのくらいの還元率になるかです。これは1%~3%くらいが一般的な数字です。

ポイント還元があるからと言って、行きたくもないお店を選んだり、買いたくもないものを買っては本末転倒ですが、普段気にせず使っているカードのベースの還元率が、「ちょっと高ければちょっと得する」くらいには考えておきたいところです。

次に、いかに無理なく生活に取り入れるかのポイントになるのがクレカ決済の仕組みづくりです。

特に無理することなく、気づいたら現金決済の比率が下がり、自動的にポイントが貯まっているというのは、得する体質の理想的な形だからです。一年間の生活サイクルの中で、特別に大きな買い物や旅行というものは、それほど頻発するものではありません。一度の支出が大きめにはなりますが、年間支出の中で占める割合はどちらかというと低くなります。逆に、一回の支払金額は小さくても、毎日、毎週、毎月かかってくる金額は積み重なって、年間支出に占める割合は高くなっていきます。

つまり、よく行くスーパー、よく使うコンビニやドラッグストア、よく利用するファーストフードやガソリンスタンドなど、自分の生活スタイルに溶け込ませる使い方がおすすめです。それぞれ、運営する店舗や提携する会社独自のクレジットカードの提供がある場合は、そのカードをメインにするのがどうか、まずは考えましょう。